外国人の方が起業するためには、日本人の配偶者等または永住者、投資・経営ビザが必要となってきます。

投資・経営ビザは、

① 日本で事業を開始し、経営をする者

② 日本企業に出資をして事業を開始した外国人または外国企業に代わってその事業を経営する者

③ 日本企業に出資をして事業を開始した外国人または外国企業に代わってその事業の経営を管理する役員など

 

投資・経営ビザ取得のためには、

日本で事業を開始し、経営をする場合

・年間500万円以上の投資がされていること

・事業営むための事業所・店舗・施設の確保がされていること

・経営者以外に日本に居住する者の常勤社員2名以上を雇用すること 

 

外国人経営者に代わって経営管理業務をする場合

・事業の経営又は管理について3年以上の経験(大学院において経営又は管理に係る科目を専攻した期間を含む)

・日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。

など厳しい条件が課されています。

 

また、起業のために銀行に融資を求めても在留期間1年ではまず融資を受けることは厳しいです。

当事務所では、条件的に厳しい外国人の方の起業支援をさせていただいております。

 

詳しくはお問い合わせください!

お問い合わせは今すぐこちら

  お問い合わせフォームはこちら     フォームは24時間受付中