.会社設立に際して、注意すべきことは会社設立手続ではありません。節税でもありません。儲かるかどうかです。

株式会社や合同会社は簡単につくることができます。法律上決められた書式で、決められた書類を提出すればだれでも簡単に創ることができます。

しかし、儲かるかどうかというのはまた別の話です。

粗利益というのはお客さんからしか発生しません。

お客さんが商品を買ってくれて初めて粗利益が発生します。

そして、その商品を買うかどうかはお客さんがすべての決定権を持っています

 

儲かる為の必須条件として

  • ライフスタイルにのっているか

というのがあります。これであれば一気に成功することができるでしょう。

 

その他の方法は、経営戦略を自社の規模にあったものにし、市場占有率で1位を目指すことにあります。

経営戦略といっても、世の中に出回っている9割以上の戦略が大企業向けですからほとんど使えません。

 

簡単に言えば、

  • 何を
  • どこの
  • 誰に
  • どうやって
  • 誰が
  • いくらで
  • どのくらいの時間で

このすべてを考えて事業計画書を作成し、実行計画書をつくり、実行していくことが必要となります。

 

詳しくはお問い合わせください。