事業の承継問題

かつて、中小企業の後継者は、創業者・経営者の相続人が当然のように承継していました。

しかし、近年では相続人が事業を承継する比率が徐々に低下してきており、相続人以外の会社役員・従業員や他社に事業の承継が行われるケースが増加してきています。



事業の全部を他社に承継させる方法

会社の事業の全部を他社に承継させる代表的な方法としては、

  1. 株式譲渡
    経営者が有する会社の株式を他社に譲渡する方法です。
  2. 事業の全部譲渡
    会社が営む事業の全部を他社に譲渡する方法です。
  3. 合併
    事業の全部譲渡と似ていますが、会社の権利義務の全部を包括的に他社に承継させる方法です。

を挙げることができます。

 

専門家のアドバイスを受ける必要性

事業承継は、法務・税務・会計の問題が密接に関係しています。したがって、会社の置かれた状況に応じて、適切な専門家のアドバイスを受けることをおススメします。

また、買手を見つけだすことや買手との交渉は容易ではないため、仲介業者活用もおススメいたします。