.決算期は特にいつがよいというのはありませんが、設立の時から1年を超えることができないので設立の日から最長の期間をお勧めしています。

消費税免税や銀行融資の観点からも第1期目はなるべく長いほうがよいでしょう。

ただし、繁忙期やボーナス時期など現金が多く出ていく時期(たとえば6月~7月)にすると将来、消費税や暫定保険料納付などその月だけ多くの現金が出ていくことになります。

資金繰りのことを考えるとこういった時期は避けたほうがよいです。