.2人や複数で会社を設立する場合、特に注意することは出資額や株式数など株主間の取り決めなどです。

この場合、会社を設立する際には問題はないかもしれませんが、設立後に意見が食い違った場合や会社経営上の問題などで万一もめてしまった場合に全く同じ数の所有株式数だと、会社が正常に運営できない事態になることも考えられます。

こうならない為にも共同設立者間でしっかりとした取り決めを決めておくことが重要です。

また法律上は『株式数を1株だけでも多く取得しておくこと』や『種類株式を発行し、対策を立てておくこと』、『議事を決める際には必ず議長となる』などあらかじめ対策を立てておくことも可能です。