A.取締役会の設置をすることによって、株主総会の権限を取締役会へ委譲することとなりますから、迅速な業務決定をすることができます。

取締役会は株式を公開する場合、必ず設置しなければなりませんが、株式を公開しない会社では任意です。

株主総会について以下のような違いがあります。

  公開会社 非公開会社
取締役会設置会社 取締役会非設置会社
株主総会議決事項 法律・定款で定めた事項 あらゆる事項
招集決定者 取締役会 取締役
招集地 制限なし
招集方法 書面またはメール等 制限なし
招集通知への議題の記載 義務 任意
招集通知への決算書等の添付 義務 任意
招集通知の発信 会日の2週間前 会日の1週間前 会日の1週間前
(定款で短縮可能)
株主総会招集請求権 総株主の議決権の3%以上を6カ月以上保有する株主 総株主の議決権の3%以上を保有する株主
株主提案権 総株主の議決権の1%以上または300個以上の議決権を保有する株主 議決権のある株主全員
決算書の承認 報告事項にすることができる 必ず決議事項
剰余金配当決議 報告事項にすることができる 必ず決議事項