A.株式会社は所有と経営が分離され、株式会社の機関ごとに職務権限等があります。

株式会社の機関 機関の職務権限等
株主総会

株主全員によって組織される株式会社の最高意思決定機関
取締役会設置しない場合は権限が大きい

取締役

取締役会を設置しない会社では業務執行機関
取締役会設置会社では取締役会の構成員

取締役会

会社の業務を決定し、取締役の職務執行を監督する機関
設置する為には取締役は3名以上、監査役を1名以上を選任する
必要がある

代表取締役

会社を代表し、業務を執行する常置機関
取締役会設置会社では、委員会を設置しない場合に置くことができる

会計参与

取締役・執行役と共同して決算書等の作成などを行う機関
税理士・税理士法人、公認会計士・監査法人であることが必要である

監査役

取締役と会計参与の職務の執行を監査する機関

監査役会

監査役全員で構成され、監査報告の作成、常勤監査役の選定・解職、
監査方針の決定を行う機関
監査役3名以上で、半数以上は社外監査役でなければならない

委員会

指名・監査・報酬の三委員会で、取締役会の内部機関
各委員会は、取締役3名以上で過半数が社外取締役でなければ
ならない
なお、各委員会にそれぞれ別の取締役を置く必要はない
委員会設置会社は、監査役・監査役会を置くことができない

執行役

委員会設置会社の業務執行と受任事項の業務決定をする機関

代表執行役

委員会設置会社の代表機関
執行役の中から選任される

会計監査人

決算書等を監査し、会計監査報告を作成するもの
公認会計士・監査法人であることが必要です
厳密にいえば株式会社の機関ではありません

 

また、設置する機関により、その設置が会社法から強制される機関もあります。

小さな会社で起業する場合は、特に意識する必要はありません。