.合同会社は法定費用が安い会社で、有限会社の代わりに設立されるケースが多いようですが、有限会社とも株式会社とも違う特徴が有ります。

まずは株式会社と合同会社の共通点です。

  • 出資の全額払込み義務
  • 会社債権者の決算書等の閲覧請求権
  • 役員の会社に対する損害賠償責任
  • 役員の第三者に対する損害賠償責任
  • 設立登記
  • 資本金の額を減少させる際に債権者の保護
  • 利益配当額の制限
  • 違法配当の場合の役員の支払義務       など

次に株式会社との相違点です。

  • 合同会社は会社の内部機関、債権者保護規定等が広く定款自治にゆだねられている。
  • 合同会社は人的信頼関係を基礎とした会社である。
  • 出資等の持分の譲渡には、全社員の同意が必要
  • 合同会社では出資額の払戻しが認められている。
  • 法人が役員(社員)となる事が出来る。
  • 合同会社は出資額に応じて配当金を決める必要がなく、定款で自由に決める事が出来る。
  • 合同会社は設立の法定費用が6万円だけ。
  • 合同会社は定款認証が必要ない。          など

 

 その他運営上も違いはありますが、営利目的の法人であることや、法人税がかかることは共通しています。

また、合同会社で設立したとしても株式会社に組織変更する事も可能です。