.類似の名称を使用している会社があっても会社設立はできますが、これから事業の拠点として、その地域を中心に活動するのであれば調査は必要です。

同一の住所でなければ、類似する名称でも会社設立することはできますが、これから経営していくことを考えれば紛らわしい名称などは問題があります。また不正競争防止法による規制はありますから、類似商号の調査は行うべきです。
不正競争防止法の場合は、『広く認識されている』または『著名な』商号が存在する場合には差止め等の対象となります。

 

類似の名称については管轄の法務局にて調べることができます。