.会社設立のために出資した資本金は、通帳記帳後に引き出して使用してもかまいませんが、設立する会社のために使用しなければなりません。


資本金として出資した金銭は、会社設立前であっても設立する会社の事業に使用するのであれば、引き出してもかまいませんが、

それ以外の場合は罰則の対象となります。

 

会社設立のため、出資した金銭を会社の事業のために使用しない、または見せ金として通帳に振り込んで通帳記帳し、会社の事業として使わない場合などは厳しい罰則の対象となります。